お仕置きファイル



序文 春への書簡 遠い春 校庭に吹く風 闇の重さ 旅立ち 熊野の熱い夏
 

 序文 春への書簡

子供の頃、大けがをしたことがある。
夜の階段で足を踏み外して転げ落ちたのだ。
あるはずと思い込んでいた踏み板がその足下にない。
闇の中でバランスを失ったあの瞬間の不安は、
いまでもはっきりと覚えている。

あるはずのものが絶対にそこにあってほしいという願いと、
あってほしいものはそこにはないんだという諦めの気持ち。
病室の窓から見上げた夜空は深かった。
壁の白さと静けさが心地よかった。

まだ生まれてから10番目の春。
その時から、春は一年おきにやってくる。
春には何かが起こる、何かが始まる気がする。
10番目の春は僕の記憶の奥底で、
いまも息を潜めている。


 

  マニア小説

スパンキング小説=遠い春、校庭に吹く風、闇の重さ、旅立ち、熊野の熱い夏、三人家族、高校生の心理学、二人だけの通学路、転校生日記、帰らぬ夏、わが家の事情、それぞれの放課後、フリースローは魔の時間、春の花,見つけた、あの夏はまだ終わっていない、村祭りをもう一度、私のプライベートボックス、風はいつも渇いていた、十戒、私はその川を渡った

拉致・誘拐小説=大町ルートは生きている、風待つ島、田舎教師、闇からの招待状、果てしなき報復




 

  事件物その他

ミステリー=アジアの闇を追え!、のたうつ大陸、沖縄の海は赤かった、密林に雨は止まない
プロファイリング=神在月ナイトメア

歴史物エッセイ=鵜坂神社の奇祭



ガールズ=フロアマークを見つめて
ショートストーリー=七夕
散文詩=氷点下の十字路


お仕置きファイル・モバイル入り口

http://bambino.tv/m/index.html


 

  マニアの洞窟

男の子のお仕置き体験手記=松本先生のハードスパンキング


以前、ネット上に日本初のM/mサイトとして掲載していた長編をそのまま復元したものです




Copyright © 2008 お仕置きファイル All rights reserved.
by お仕置きファイル