お仕置きファイル



序文 春への書簡 遠い春 校庭に吹く風 闇の重さ 旅立ち 熊野の熱い夏
 

  遠い春

「先生、初めて会った時のこと覚えてる? 確かこのあたりのベンチに座ってさあ。先生、黒の短い半ズボンはいてて、私中学生かと思ったんだよ」
「せめて高校生にしてくれよ」
「でもさあ、先生は大人だったよ。ていうか私が子供だったんだ。まだ9カ月しかたってないんだね」
 陽が落ちたばかりの大通公園には時折粉雪が舞った。さすがに寒くてベンチに座る気にはなれない。公園を出るその時、私はなんだか名残惜しくなってさっきのベンチの方を振り返った。漆黒の闇に落ちたそのベンチの上に、2つの小さな影がちょこんと座っている、そんな幻を見たような気がした。

 私の住んでいる中島公園から地下鉄南北線を郊外へ向かう。霊園前という乗降客の少ない駅を降りると、人けのない舗装されていない道。雨の日には泥濘に足を取られながら、何度この道を行き来しただろう。月寒川の支流を渡った先には先生の家があった。
 当時の私はF女子大学の1年生。文学少女だった私は迷わず文学部を選んだが、入学後に待っていたのは進路選択への後悔だった。私の父は内科医だったが、中2の時死別した。母は私を医者にしたがった。でも私は嫌だった。父のいない空白を必死に埋めようとするかのように、私は図書館でサガンやプルーストを貪り読んだ。将来のことなんて、そんな真剣には考えていなかった。母と妹がそばにいてもなにか淋しかった。淋しいいまの自分のことしか考えられなかった。
 私が医療の道に進むことを考え始めたのは、北海道出身でケニアのNGOに参加し医療活動に携わっている女性医師の話をあるセミナーで聞いたことがきっかけだった。人のために生きる、その言葉が私の心にずっと残っていた。でもほんとうはやっぱり淋しかったんだと思う。ただ夢中になれるものが欲しかった。
 私は仮面浪人を決意し、1年の夏休み前から医学部再受験のための勉強を始めた。家族にはあまり迷惑はかけられないし、1年で結果を出さないと。もちろん独学。でも数学への苦手意識がなかなか払拭できない。そんな頃、先生に出会った。所属していた文芸サークルを通じてだった。先生はH大学文学部の学生だが、理系も得意で家庭教師も経験を積んでいる。正直先生というより優しいお兄ちゃんというか、メチャクチャ童顔なので私がお姉さんに間違えられるほどだった。先生は快く私の勉強を見てくれるという初めは私の家に来てもらっていたが、そのうちに私は先生の家に通うようになった。
 先生は丁寧に教えてくれたし、勉強以外の話、とくに文学や音楽の話は弾んだ。秋になった。受験生は目の色を変えなければいけない季節だ。その頃、私の中には複雑な感情が芽生え始めていた。私は父を失って以来、男の人とこんなに身近に接する機会はなかった。先生は不思議な存在だった。そばにいても男を感じない、中性のような雰囲気。でも私が間違えたりすると、たしなめるような目で私の目をじっと見つめる。見つめられるとなんだか逃げられなくなる。私はあわてて
「ごめんなさい」
 と笑いながら、先生の視線の罠から逃れた。もっと自分が追い詰められたいような感情があった。私は幼少期を思い出していた。
 小学校の頃。父に叱られた記憶はそれほどないが、嘘には厳しかった。嘘がばれると、
「お仕置きだ!」
 父はしばしば怒鳴った。ワイシャツの袖をまくるような仕草までして、
「ほんとうにお尻を叩かれる!」
 何度もそう思った。でも父の芝居はそこまで。私はホッと胸を撫で下ろす。お仕置きなんて絶対にイヤだ! でもそんなことが何度も繰り返されるうちに、一度はやられてもいいかな、ふと思ったことがあった。

 ある秋の日だった。私は友人に誘われ、めったに飲まないお酒を飲んだ。そして深酒をしてしまった。翌日曜は午前中先生の家で授業がある日だった。私は二日酔いのまま遅刻した。先生は肩を竦めただけで何も言わなかった。私は妙に安心して、先生の話を聞きながら転た寝してしまった。ドンと机を叩く音がした。
「寝息までたてて寝るか! ひっぱたくぞ」
 先生に怒鳴られたのは初めてだった。目が覚めたばかりの私に子供時代の記憶が一瞬蘇った。私は動転したまま反射的に立ち上がるとくるりと先生に背を向けた。
「先生、これでいいですか?」
 それはどう見ても、お尻を叩いてくださいという意思表示だった。
「いや、もういい。反省したなら」
 先生は明らかに戸惑っていた。私はそのままの姿勢で立っていた。
「いいんです」
 このままでは引っ込みがつかない、思い切り罰してくれたほうがいっそのこと楽だと思った。先生は黙っていた。私の気持ちを推し量っていてくれたのだろう。そして立ち上がった。パシッ! お尻の鈍い音がした。自分のお尻の音を聞くのは変な感じだった。先生の手が当たったお尻の下の方が少し痛かった。
 私はなおもそのまま立っていた。いまのはちょっと失敗で、先生にまだ私を叩く気が残っているのを感じたから。ピシャッ! 今度は前よりずっと強く派手な音とともに、先生の手の平が私のホットパンツのお尻の真ん中を捕らえた。
「痛っ」
 と思わずつぶやいてお尻に手の甲を当てた。温かかった。先生に背を向け、お尻はまだ少し突き出したままの恥ずかしい格好だった。先生は
「もう座れ」
 と優しく言った。
「はい」
 私はようやく椅子にお尻を下ろした。椅子が冷たく感じた。私はこれでよかったと思ったし、先生もすっきりした表情に見えた。これが私の初めてのお仕置き体験だった。

 この事件を境目にして、先生と私の関係は明らかに変質した。私は先生をよく困らせるようになった。遅刻もしたし、宿題も忘れた。悪いことをしても、すぐに言い訳したり口答えしたり。先生がとうとう怒り出すまで。先生も遠慮なく私を叱るようになった。この子には、アメだけでなくムチが必要だと理解したのかもしれない。お説教止まりのこともあったが、平手打ちのお仕置きを受けることもあった。もちろん罰を決めるのは先生だ。私はいつもデニムとか黒のホットパンツをはいていたが、机に両手をついてそのお尻をより深く突き出していた。
「M子はほんと、男の子みたいだな。悪戯小僧め。いくぞ。ハーッ」
 ピシャッ!
「痛ぇ!」
 わざと男の子っぽい受け答えでリアクションすると、私は顔をしかめてお尻をさすったりした。
 お仕置きのある受験生活は、スリリングで楽しかった。私はいつしか所期の目的よりも、その生活自体を楽しんでいた。先生もそういう部分があったように思う。でも先生には先生の立場があった。ご家族のためにも、この子をなんとか合格させないと。そんな心の葛藤のようなものを見せることがあった。
「いまのままじゃヤバイぞ。M子、どうした? 俺じゃ甘えてだめなのか?」
「先生、ごめんなさい。M子のことを、もっと厳しく罰してくれていいんです。幼くて、ほんとごめんなさい」
 先生は困ったような顔をする。私は先生の困った顔が好きだった。それを見てちょっと楽しんだり、私はほんとうに悪い子だった。というか、先生からのお仕置きを受けるたびに、子供時代に逆行していくような感覚があった。

 ほどなくお仕置きには道具が使われるようになった。お尻を平手打ちされても、私はもう前ほど痛がる素振りを見せなくなっていた。気持ち的にもお互いお仕置きに慣れてきてしまった。これではもう効き目がない、先生はときどき部屋の中を見回すことがあった。
 初めて使われたのは竹製の靴べらだった。すぐ目の届く玄関にあったからだ。初体験はかなり緊張した。私は机に両手をついたまま目をつぶった。道具を使われることには痛みへの恐怖だけでなく、ある種の屈辱感を覚えた。少し突き放されたような淋しいような悔しさとともに、私は痛みを受け止めた。先生は自らの手を痛めることなく、私に今までの数倍のお尻への痛みとバシッという部屋中に響く大きなお仕置きの音を与えた。それでもまだ効き目が足りない! 
 次は素振り用の卓球ラケット。これは普通のラケットよりずっと重い。お尻にズシンと響いて鈍い痛みが染み込んでいく感じで、初めて叩かれた時には驚いた。大きさは私の小さなお尻が隠れるくらいあり、それを手にとって構えられるだけで恥ずかしかった。これで叩かれるとお尻全体が痛くなる。靴べらと違って柄が短いので、一発叩かれたと思ったらすぐに次の一発が飛んでくる。私が素直じゃないと、先生は左手で私の腰を抱え込んでこのラケットでこれでもかと私のお尻を連打した。
 でも服を脱がされることはなかった。私はいつもホットパンツの上からお尻を叩かれていた。ホットパンツはお尻の形がはっきりわかって恥ずかしいけど、このお尻を叩いてくださいという気持ちで私は潔く先生の前に突き出した。スカートはまくれるのを心配して先生が叩きにくそうにしていたことがあり、それ以来先生の前では二度とはかなかった。もともと活発な私はホットパンツ派だったけど。何かの拍子に先生の手が太股に触れることもドキドキの要素になった。
 札幌では真冬でも10代の子はタイトで短いデニムや黒レザーのホットパンツ、ロングブーツで股だけを露出している子は多かった。
「M子ちゃんはその格好が似合うなあ。真冬でも元気だね」
「はい、先生!」
 私が即座にハキハキと答えると、先生は私の肩をそっと抱きしめてくれた。

 年が明けると、受験はもう目の前に迫っていた。私は狙いをS医科大に定めた。
「M子は英語や国語はバッチリなんだから、数学で解ける問題だけを確実に解け」
 それが先生のアドバイスだった。実際箸にも棒にもかからなかった数学が、先生の熱い指導のおかげで得点源になることもあった。でも試験が迫ると、私は徐々に情緒不安定になった。そもそも仮面浪人すること自体が私の自信のなさの表れだった。先生は本番を目前にして弱さを見せる私を優しく包み、同時に厳しく活を入れた。先生に会った翌日には決まって、座るとお尻が痛くなった。
 私の不安は的中した。英語や国語は総合でも期待以上の点が取れていた。が、数学は、センター試験での失敗をひきずってしまった。受かる自信もなかったが、それ以上に先生に申し訳がなかった。F大のほうは友達のバックアップで落第だけは避けられた。もうこの受験自体、なかったことにしてしまいたいと思った。私は無性に先生に会いたくなった。

「先生、ダメです。失敗しました」
「まだ結果も出てないじゃないか」
「数学、メロメロです」
 先生はしばらく黙っていた。やがて、
「そうか、じゃあM子にキツイお仕置きをしないとな」。
 静かだが強くそう言い放った。私はハッとして先生の顔を見た。目には怒りの火があった。先生のこの反応は私には少し意外だった。きっと慰めてくれるという甘い期待が心の片隅にあったと思う。その直後、戸惑う私の右腕を先生は掴むと強くひっぱった。エッ? 何をされるの? びっくりして言葉が出ない。私はベッドの上にうつぶせに寝かされた。
「さあお仕置きだ! そのままじっとしてろよ」
 先生は自分のズボンから革のベルトを抜いた。それから私のデニムのホットパンツのお尻めがけて、そのベルトを強く振り下ろし始めた。バシッ! バシッ! 幅広のベルトがお尻の肉の厚いところに食い込んだ。
「先生、痛い!」
 甘える余裕などなく、ほんとうに痛かった。
「わかってる」
 バシッ! バシッ! お仕置きは十数発続いた。そして私は泣いた。動きの止まった先生の方を見ると、先生は背中を向けていた。私には先生も泣いているのがわかった。泣き止んだ私に、先生は優しく言った。
「M子、大丈夫だ、きっと受かってるよ。まだ結果も出ないうちから、M子の悪いとこだ。俺たちの半年間の努力は何だったんだよ」
「でも先生」
 私は反論しようとしてやめた。
「そうだね、先生」
 そう言うと 私は先生の胸に飛び込んだ。

 幸運にも私は合格した。その年の個別試験が例年以上に難しかったことに救われた形だった。あのお仕置きの日以来、私は先生とは電話で話しただけで会っていなかった。会うのはちょっとバツが悪かったが、やっぱり会いたい。中島公園を過ぎると真駒内行きの地下鉄はガラガラになる。私は去年の夏からのことを思い出していた。模擬試験でひどい点をとって、机にしがみついたままお尻を突き出し、竹の靴べらが折れそうなほど叩かれながら立っていた10月の夜。正月明けで勉強に身が入らず、反抗し、先生の膝の上で暴れながら、卓球のラケットでお尻を叩かれ続けた1月の日曜日。あの濃密な時間は、二度と戻ってはこない。
「先生、受かっちゃった」
 私は茶目っ気をにじませてそう切り出した。
「ほら、言った通りだろ?」
「今日はお尻は叩かれないよね?」
「M子、先生と生徒の関係はもう終わりだよ。俺はいままでM子を半人前として扱ってきたけど、M子は初めて自分の力で自分の人生の扉を開けたんだ。おめでとう」
 私は妙に淋しくなった。ずっと忘れていた少女時代からの淋しさだった。
「先生は就職に失敗したから、1年留年して東京で就活することにしたんだ。ここじゃ職も情報も少ないからね。M子は大学で、いいカレシでも見つけろよ」
 先生は自分の気持ちと戦っている気がした。先生と生徒の関係はもう終わり、その一線を踏み越えたい気持ちは私にも、そして先生にもあるはずなのに、その一本の線を挟んだまま二人で向かい合っている。
「先生こそ、カノジョは難しいかもよ」
 私は必死に明るく返した。この人はほんとうに私の先生だと思った。

 私たちは大通公園に出た。3月の札幌はまだまだ寒い。私たちは端から見ればどこにでもいる若いカップル、でもじつは、お仕置きだけを通して深く繋がった、ちょっと切ない不思議なカップルだった。







Copyright © 2008 お仕置きファイル All rights reserved.
by お仕置きファイル