お仕置きファイル



序文 春への書簡 遠い春 校庭に吹く風 闇の重さ 旅立ち 熊野の熱い夏
 

  旅立ち

 これは躾という名目で教師の体罰が横行していた80年代が終わろうとしていた頃の話である。私は都内の大学を卒業し、K県の私立女子高校で養護教諭になった。いわゆる保健室の先生だ。
 当時、教育の現場はブラックボックス化していた。特に私立校ではそれぞれが独自の校風を構築し、個性を競い合おうとした。中でも躾や厳しさを前面に打ち出す高校は多かった。それが親御さんの要望に叶っていたこともあるが、手っ取り早いPR手段という面もあっただろう。私自身もこの高校の卒業生だ。覚悟はしていた。しかし赴任するなり、私は教育の場として信じられない場面に幾たびも遭遇することになる。

 保健室は学校の駆け込み寺だ。保健室登校という言葉も既に生まれていた。
「先生、今日なんか、気分が悪いんだ」
「そう、じゃあ良くなるまで休んでいきなさい」
 どこといって悪いところがあるように思えない生徒でも、私は変な詮索はしなかった。少しずつ生徒たちは、私に心を開いてくれるようになった。その中に一人、気になる生徒がいた。1年生のK子だ。
 K子は見るからに線が細く、どう見てもまだ中学生にしか見えない。引っ込み思案で、大事に育てられた少女に見えた。もともとこの学校には裕福な父兄の子が多かった。K子は午後になると決まって体調が悪いと保健室を訪れるようになった。この子は何か問題を抱えている、でもなかなかそれを自分から切り出そうとはしない。私はなるべく同じ高さの目線からK子と世間話をするように努めた。しばらくするとK子の口から、先生の体罰の実態が少しずつ語られ始めた。
 それはK子が入学して1週間ほどが過ぎた頃のことだった。K子達は体育の授業で校庭に出ていた。その授業中、担任の教師が持ち物検査と称して密かに生徒全員の机や鞄の中身を調べていたのだ。するとK子の鞄の中から、校則で禁止されていたカラーリップクリームが出てきた。私は怒りをこらえて努めて冷静に尋ねた。
「先生には、怒られた?」
 K子は少し黙っていた。
「放課後、クラスに残されて……ケツバンです」
 恥ずかしそうにそう言うと俯いた。
「ああ、ケツバンね」
 ケツバンとは、厚めの面の広い平らな板でお尻を打たれる体罰だ。この高校には以前からあったし、私もよくやられた。でもこのやり方はひどい。K子が保健室を頻繁に訪れるようになったのは、この出来事がきっかけだったようだ。SOSを発信する相手を探していたのだろう。
「K子さん、よく話してくれたわね。あなたの担任は数学のN先生ね」
 私はともかくN先生に会ってみることにした。このままにはしておけない、生徒の心のケアは私の仕事だ。
 N先生は昔の私の担任だった。
「やり方は確かにちょっと不適切だった。だが違反を見つけた以上は罰を与えないわけにはいかないだろ」
「K子さんの気持ちを考えたら、こんなの躾になりませんよ」
「君はどうだった? 私はずいぶんと君の尻を叩いたが」
「私はやんちゃだったから先生方を恨んだことはないです。でもK子さんは傷ついています」
「持ち物検査のやり方は改める。K子にも謝る。だがケツバンはやめない。躾は厳しく、それが我が校の校風だ。親御さんの支持もある。怪我をさせない程度の体罰ならむしろビシビシやってください、そう言われて娘さんを預けに来られるのだから」
 これはN先生だけの問題ではないなと私は思った。怪我をさせない体罰とは、要するにお尻への体罰だ。この高校中にきっとそんな体罰の嵐が吹き荒れているのだろう。まずは生徒をリサーチしてみようか。

「みんな、先生に叩かれたことある?」
 私は放課後の保健室などで積極的に生徒に声をかけた。
「そんなのしょっちゅうだよ」
「どこを叩かれるの?」
「お尻だよ、お尻、みんないつもそうだよね?」
 T子がそう言うと、その場に居合わせた生徒達が皆うなずいた。T子はこの高校には珍しい下町の町工場の娘。中肉中背の可愛い子なんだけど、その甲高い声もあり妙に目立つ存在、何かにつけてよく先生に叱られていた子だ。
「理由は?」
「忘れ物とかだよね。教室の前に一列に並ばされて、順番に教卓の横とか、前の黒板に両手つかされて」
「先生がお尻!って言ったら、すぐに前に並ばなきゃいけないんです」
「カエルみたいにお尻を突き出すんですよ。列の前の子がみんなそうするから。そうしないと態度が悪いとかよけいに叱られそうだし」
 ほかの生徒達も言った。
「何で叩かれるの?」
「1メートル定規とか、ラケットとか、その場にあるもの何でもだよね」
「1メートル定規は顔が真っ赤になりますよ。お尻は焼けそうだし。ねえ、T子」
 T子と同じクラスの子だ。
「それは私も経験者だからわかるわ」
 私は言った。堰を切ったように、生徒達の言葉が止まらない。
「ネットに入れたバレーボールとか。あれ、スカートめくれるからイヤなんですよ。だからめくれないように、叩かれる前にスカートの襞を前によせるんです」
「音楽室だと太鼓のバチ。音楽の先生も女の先生だけど厳しいよね」
「へえー? 私の頃にはない体罰のバリエーションがいろいろあるのねえ」
 私は驚いて聞いていた。
「体罰がある先生は誰?」
 するとT子が言った。
「ほとんどかな。忘れ物で一発でしょ。だから一日に何発もとか」
「まあそんなに忘れ物する方にも問題あるけどね。あなたはたくましいからまあいいとして、保健室登校になってる子がいるのよ」
「なんでまあいいんですか? あたしだって繊細な女の子ですよ!」]
 T子は膨れっ面を見せた。

 K子は少しずつ元気を取り戻した。私はK子に、自分の気持ちを発信し続けることが大事だと繰り返し話した。K子についてはもう心配は要らないかもしれない。季節はあっという間に流れ、新入生を迎える春が来た。その年、私の大学の後輩が、理科の教師として着任することになった。
「養護のF先生ですね?  よろしくお願いします」
 新任のA先生はナイーブな印象の細身な青年だった。
「女子校で教壇に立つのはどんな感じかしら?」
「どんな感じって、教えることは一緒ですから」
 ちょっと照れながらそう言う。私はA先生に好印象を持った。
 私はA先生にこの高校のことを少しずつ話した。
「えっ? 女子校でも体罰があるんですか?」
「うちは厳しさがウリだから」
「でも年頃の女の子の何もお尻を叩かなくても」
 A先生は困惑気味だった。
「先生は怪我をしない程度のお尻の体罰でも反対ですか?」
「もちろんですよ。F先生は賛成されるんですか?」
「子供が育っていく過程で、その通過儀礼としては必要なものだと思います。この学校は行きすぎですけど」
「そうでしょうか。もう管理教育は駄目ですよ。その弊害にマスコミなんかも目を向け始めたし」
「今の管理教育は駄目ですね」
 A先生は理想主義者なんだろうなと私は思った。
「F先生も高校時代はここで厳しくやられたそうですね」
「ええ、やられましたよ、ビシビシと。先生は?」
「僕は中学時代だけど、ケツバットとかはやられました」
「アハハ、やっぱりやられてるんじゃない」
 するとA先生はむきになってこう言った。
「だから生徒には手を上げたくないんですよ。イヤな思い出じゃないですか」
「私はそんなイヤな思い出でもないなあ」
 A先生を少しからかってみたいような、悪戯心が私のなかに起こっていた。

 それから数日後、とんでもない事件が起こった。朝、一人の女子生徒が泣きながら保健室に飛び込んできた。
「朝礼で、W先生に竹刀で叩かれたんです」
 生徒はお尻を両手のひらで押さえながら泣きじゃくって言った。
「あなた、ちょっとお尻見せてご覧なさい。みみず腫れだわ。どんな叩き方をされたの?」
「竹刀が壊れるまでです」
 体育のW先生は高校でいちばん厳しい先生だ。私は生徒が心身ともに傷ついて授業に出られる状態ではないことを説明し、早退させた。
「先生、もう我慢できないよ、この高校」
 休み時間に保健室に入ってきたT子が言った。T子の説明によるとこうだった。原因は買い食いだという。この生徒は放課後遅く、お菓子を食べながらバスに乗るところを生活指導のW先生にたまたま見つかった。翌日の朝礼の後一人残され、朝礼台に手をつかされて竹刀が壊れるまでW先生にお尻をひっぱたかれたのだ。この出来事は職員室でも大きな議論となった。改革派のA先生が先頭に立って、体罰と管理教育の撤廃を訴えたらしい。だが、校長をはじめ動きは鈍かった。我が校のバッジと制服を着用した生徒が校外でその品位を汚す行動をとったというW先生の弁明に、一定の理解を示したからだという。
 だが、これで事態は収まらなかった。噂が口コミで広がり、それを聞きつけた全国紙社会部の記者が、生徒の取材を始めたのだ。マスコミで管理教育見直しキャンペーンが張られる中、この事件は格好のネタになりかねない。校長もようやく重い腰を上げた。W先生は教育委員会から呼ばれた。処分は見送られたものの、高校は体罰の一掃を目指し、監視する組織も立ち上げた。旗振り役はA先生だった。

 K子はすっかり明るくなり、卓球部のキャプテンとして部員を引っ張る立場になっていた。もうこの高校には体罰も存在しない、はずだった。でもじつは、W先生ら一部教師の体罰は密かに続いていたのだ。その日、3年生になったK子が1年ぶりに保健室に駆け込んできた。
「どうしたの?」
「W先生が授業を受けさせてくれないんです」
「受けさせてくれないって、なぜ?」
「私がお仕置きを拒否したからです」
「お仕置きを? ちょっと、よく話を聞かせて」
 K子の説明によると、こうだった。その日は前の授業、A先生の実験の授業が延びてしまい、後片付けをしてから急いで更衣室に走った。でも片付けに手間取ったK子ともう一人の生徒が、次の体育の授業に遅刻してしまった。すると、パドルテニスのラケットを持ったW先生が体育館の前で待ち構えていた。
「それから?」
「体育館の壁に両手をついてお尻を突き出せって、いつものことなんです」
「いつものことって、みんな今まで黙って従ってたの?」
「はい、いまは竹刀じゃなくて、パドルテニスのラケットです。でも今日は、私拒否しました。だってお仕置きされるような悪いこと、私何もしてません」
「どのくらい遅刻したの?」
「2分です」
「2分? で、もう一人の子は?」
「ちゃんと壁に両手をついて、W先生にお尻を叩かれました。その後、先生は私に出てけって」
 私はK子の目を見た。あの泣き虫だったK子の瞳に涙がない。私がK子の目を見つめるとK子はきっちりと私を見つめ返してきた。強い意志のこもった澄んだ瞳だった。
「それでいいのよ。あなた、変わったわね」
 私はK子を残して職員室に向かった。そこには授業の空いていたA先生がいた。A先生は事の次第を聞くと自ら保健室に向かって足早に歩き始めた。

「K子、ごめんな。次の授業、体育のW先生だったんだな。俺が片付けはいいから早く着替えに行けって言ってやればよかったんだ」
「先生は悪くないよ」
 K子は微笑みながら言った。
「でもなんで今まで黙ってたんだ?」
「なかなか逆らえないし。それにW先生って、イヤだなあと思うことも多いけど、お仕置きされても仕方ないなあと思うときも結構あるんです」
 私はA先生の肘をつついて言った。
「ね、K子ちゃん、変わったでしょ?」

 W先生は戒告処分になった。もう管理教育の息の詰まるような時代は終わろうとしていた。K子は3年の秋を迎えていた。1年の頃から見てきた私には、もうK子は妹も同然だった。その日の放課後、K子は久しぶりに保健室にやってきた。
「先生、先生と話がしたくなっちゃった。いいかな?」
「いいよ。何かあったの?」
「ううん、たいしたことじゃないんだ。じつは私、A先生にお仕置きされちゃった」
「え?」
 驚いて聞き返すと、K子の悪戯っぽい視線にぶつかった。
「A先生に、お尻を平手打ちされてしまったんです」
「嘘でしょう、まさかA先生が」

 K子の話はこうだった。その日は危険な薬品を使う実験の授業だった。風の強い日だった。A先生は薬品の取り扱いに気をつけるように、そして窓を決して開けないように注意を与えていた。その注意をK子は聞き流していた。そして窓を少しだけ開けたまま実験を始めたら、バーナーの火が突然大きくなってカーテンに燃え移ってしまったのだという。ちょっとした小火騒ぎになり、怒ったA先生にそのあとの休み時間、実験室の隣の小部屋にK子は呼ばれた。
「先生、ごめんなさい。もう少しで校舎燃やしちゃうとこでした」
「バカ野郎! カーテンが燃えようが校舎が灰になろうがそんなことはどうでもいいんだよ。もし火がK子の服に燃え移ってたら、今頃どうなってたかわかってんのかよ」
 そう言うと、呆然としているK子を抱えて自分の膝の上に乗せ、お尻にピシャピシャと平手打ちを始めたというのだ。
「私は泣きながらごめんなさい、ごめんなさいって言い続けていたんです。でもなんだか不思議な気持ち、妙な安心感があったんです。私、親に叩かれたことないけど、先生というよりお父さんに叱られてるような気がしてきちゃって」
「ふーん、どのくらい叩かれたの?」
「よくわかんないけど、30発くらいかな」
 K子は妙にはしゃいだ感じで、なかなか興奮が冷めなかった。

もうK子達の卒業が間近に迫っていた。
「F先生、いろいろお世話になりました。先生とこの保健室がなかったら、今の私はないです」
「そうね、でもあなたがこの学校の校風を変えたとも言えるのよ」
「私はみんな好きですよ、A先生も、他の先生方も。みんな私たちを愛してくれたし、ただその表現方法がいろいろ違っただけじゃないかと、今は思うんです」
「W先生も変わったわ。この学校はもっともっとよくなるよ。ありがとね」
 ただA先生だけは、一人浮かない顔だった。
「俺は生徒を叩いちまったからなあ。それも道具を使うならともかく、女子生徒のお尻に平手打ちなんてセクハラそのものだって、W先生にも大見得切っちゃったしなあ」
「アハハ、まだ気にしてるの? K子ちゃんのためにはあれでよかったのよ」
「そうか、F先生は体罰肯定派だったんだな」
「そうよ、良薬口に苦しよ。A先生はいい処方したよ」
 私は高校の思い出話をA先生に始めた。
「私はいまの校長先生にお仕置きされて育てられたの」
「校長に?」
「うん、学年主任とか生活指導とか、いろいろお世話になりました」
「聞きました。文化祭の打ち上げに酒盛りやったとか、渾名が遅刻の女王だったとか」
「校長先生は竹のムチ持ってて、私が悪戯とかすると決まっていつもそれでお尻を。叩かれるとピチッとか音がするのよ。イヤだったあ。でもよかったの。矛盾してるけど、K子ちゃんの気持ちが何だかわかるなあ」
「女心は難しいですね」
「いやいや、A先生は隅に置けない。K子ちゃんの心をしっかりつかんじゃったからね」

 卒業の感傷に浸る間もなく、来月には新入生がやってくる。今度はどんな生徒が保健室を訪れるのだろうか。私たちももっともっと処方箋を増やしていかないといけない。







Copyright © 2008 お仕置きファイル All rights reserved.
by お仕置きファイル